講演

本ページでは、判例研究に関するレポートをPDFデータにして公開しております。
PDFデータをご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。パソコンにインストールされていない方は、「Adobe Reader(無償)」のダウンロードし、インストロールしてご利用ください。

2017.05.29 大阪弁護士会知的財産法実務研究会で発表しました。

私は大阪弁護士会の知的財産法実務研究会のメンバーです。
同研究会では毎月定例研究会を 開催しており、実務家、研究者、企業知財部の方などが自分の研究テーマについて研究発表を行っています。
私は、本年度の第2回の担当講師として若手の原和雅弁護士と共同で、私が訴訟代理人となった下記事件について研究発表を行いました。当日は大阪弁護士会の弁護士だけでなく裁判官も参加していただき、有意義な議論がなされたと思います。
この事件は著作権関連ですが著作権そのものではなく、印刷段階で製作した知的コンテンツである印刷用のデータの利用権を巡る問題で、印刷会社が印刷用データを再利用するには出版社の許諾や使用料の支払いを要するし、他の出版社が無断利用すると不法行為による損害賠償義務を負うとした点で、これまで不分明であった印刷用データの利用について判断した初めての判決です。


     「印刷用データ二次使用事件」(大阪地判平成29年1月12日判決)


判決内容にご関心のある方は、本サイトの「活動報告:裁判」に判決書(PDF)を載せておりますので、ご覧下さい。

印刷用データ事件 知的財産法実務研究会(PDF 0.4MB)


2017.05.23 マンション設計図事件

京都産業大学法学会が出版する「産大法学」五十周年記念論集に、著作権に関する判例研究について執筆しました。

マンションの設計図につき図面の著作物性を限定的に認めたケース(PDF 0.4MB)